2017年12月23日

イギリスへ


2017UK3.jpg


イギリスへ行ってきました。

日本も寒波で寒かったようですが、イギリスはさらに寒かったです。
それでも、思っていた以上ではなかったので安心しました。

写真は最後の日に行ったMalmesburyにあるWhatly Manor です。

宿泊やスパ、お食事やお茶が出来る場所で、夜はお子さんはNG。
大人の楽園、というところでしょうか。

こちらでは紅茶を頂いて帰ってきました。
暖かい時期になると庭園にバラが咲き誇り、それはそれは綺麗だそうです。

今の時期は寒いのでお花はありませんでしたが、
お部屋の中がクリスマス一色で、本当に優雅な気分になりました。

9歳の甥っ子と毎日遊んで貰い(笑)、
一体いくつになるまでこんな風に接してもらえるのかなぁ?
と思わずにはいられません。

旅行記はまた後程、写真のアップと共にアップ出来ればと思います。

帰ってきて次の日から仕事、仕事!!
30日まで頑張ります〜!



posted by yossy-blog at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年11月05日

ドイツ旅行8 帰国

帰国の朝、kampsで朝ごはん。
kamps.JPG

昨日のおばちゃん、私がこのパンとこれと、、、珈琲を言う前に
「珈琲2つ?」
と聞いてきました。
もう顔覚えてくれたのね〜!わーい(嬉しい顔)

「Ja Ja(はい はい〜)」とお返事。

ベルリン発祥のパンがあったので食べてみる。

kamps2.JPG

ドーナツに酸味の効いたジャムが入っている感じ。

kamps3.JPG

食べてた後はホテルの回りをお散歩。

2ウラnh.JPG  

ウラnh.JPG

部屋へ戻り荷物の準備をしてチェックアウトをし、スーツケースを預けて
デュッセルドルフの旧市街に行く。

タクシーを降りた後私たちがウロウロしていたら、タクシーのお兄ちゃん
「市庁舎はあっちだよー。」
って指さして教えてくれました。

「市庁舎までお願いっ」って言いながらも、降りた後ライン川が見えたので
川へ引き寄せられて歩いていたのです。笑

なんと親切なタクシードライバー車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

というか、あいつら市庁舎って言ってたのに大丈夫か〜?と思われたのかも。

折角なので仰せの通り市庁舎に向かいました。
向かわないとずっと言われそうだしね。

市庁舎
デュッセルドルフ市.JPG

2デュッセルドルフ市.JPG

3デュッセルドルフ市.JPG

4デュッセルドルフ市.JPG

私たちの他にも地図を手にウロウロしている人が多くてちょっと安心。

ライン川に出てみました。

3ライン川.JPG

川ライン.JPG

川沿いの道も素敵ぴかぴか(新しい) 

4ライン川.JPG

美味しそうなチョコレート屋さんかわいい

5デュッセルドルフ市.JPG

時間が早かったのでまだお店が開いていないたらーっ(汗)

6デュッセルドルフ市.JPG

他にも刃物専門店やおもちゃ屋さん、パン屋さんいろなんお店があります。

7デュッセルドルフ市.JPG

10デュッセルドルフ市.JPG

9デュッセルドルフ市.JPG

蔦が綺麗〜

8デュッセルドルフ市.JPG

ランチは昨日ガイドしてくれたおじさんお勧めの
「シューマッハ」というドイツ料理店へ。

最後にドイツの地ビールを頂きます。ビール


2シューマッハ.JPG


メニューが、、、読めない。。。ふらふら

「あの〜、、、本日のメニューは???」
と聞くと散々見ていたのがそうでした。バッド(下向き矢印)

本日のメニュー 白身のお魚偏

シューマッハ.JPG

ともかく、、、量が多いの。
これ皆さん食べるのでしょうか?

食後のデザート、、、なんて入らず
またひたすら歩いて帰る事に。。。

ホテルの近くで工事していた所。
2日前はな〜んにもなかったのに、もうこんなになっていました。

横nh.JPG

母がきっとここにお花が植わるんだわ〜とかわいいかわいい

一度お世話になったおじさんの所で珈琲を飲んでから帰ろうとお店に行くと、、、

2デュッセルドルフ.JPG


おじさんは居らず、綺麗なお姉さんがいました。
母によく入るわね〜と言われつつも、現地でクーヘン(ケーキ)を食べて見たくて。
珈琲とApfelkuchen(アップルケーキ)を注文。喫茶店

justitia.JPG

ケーキを食べているとおじさんユニフォームを着た友達をいっぱい連れて帰ってくる。
急にお姉さんが忙しくなってしまい、私がお会計どうしようかなぁと
困っているとおじさん気が付いてくれてお会計をしてくれました。

「君は一昨日きた〇△☓◇仝§¶Θ」
と聞こえたので、
「そうなのアルトビールとピルスナーを頼んだの。
このケーキ美味しかった!!」

と、何となくそんな事を言ってみると

「君はドイツ人になれるね〜」ですって。わーい(嬉しい顔)
おじさんリップサービス上手exclamation×2
きっと学生に見えたのね。目
頑張りますメモ手(グー)

荷物を取って空港へ向かう。飛行機
帰るのやだなぁ〜。失恋
折角慣れてきた頃にバイバイは寂しいです。もうやだ〜(悲しい顔)

あまりにも早く空港に着いてしまったので、空港内をウロウロ。
生ピアノの音が聞こえる〜るんるん
音の聞こえる方へ行ってみると大きなおじさんがピアノを弾いていたので
近くのカフェで聞くことに耳

1曲1曲が短く、誰もが知っていそうな曲を次々と弾いてくれるんですが、
これが上手い。
きっと今はBGMモードだと思うから、この人本気で弾いたらどうなるのかなぁ???
ひゃ〜っ気になる。犬

空港ではまたもや厳しい手荷物検査が待っていました。
ヒースロー空港で靴に引っかかった母が、とても気にしていたので、
検査のお兄ちゃんに「この靴大丈夫〜?」って聞いてみると
「大丈夫だよ〜」と言っていたのが

母には「脱いだらヒエヒエになっちゃうよ。」と聞こえたらしい。耳
う〜ん、もしかしたらそう言ってたかもしれない。猫

もうすぐ落ちてしまいそうな夕日が名残惜しいこの場所からお見送りをしてくれました。

2デュッセルドルフ空港.JPG

帰りたくな〜いあせあせ(飛び散る汗)
もっと沢山見てみたい所があったのに〜ぃ。
でも次回来る機会があるならば、もっと会話が出来る様にしようexclamation
と意気込み飛行機に乗るのでした。

でも飛行機の中では、、、今までの緊張感が解けて爆睡。眠い(睡眠)

帰りの10時間は、、、長かったです。飛行機




おしまい。



今回の教訓メモ

かわいい本屋へ行って地図を買う。
かわいい果物ナイフを持って行く。



帰国後談メモ

ヨーロッパのお菓子を見つけると思わず手に取ってしまいます。かわいい

醤油もん、味噌味が無性に食べたい。かわいい

日本人だなぁ。。。










posted by yossy-blog at 10:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行

2014年11月04日

ドイツ旅行7 トーンハレ

半日ケルンツアーから帰り、今夜はお待ちかねララファビアンのコンサート。るんるん

もうドキドキです。
コンサートまでまだ時間があるので、お昼に頂いたビールが思いの外
効いてしまった母は一休み。眠い(睡眠)

私はテンション上がりっぱなしなのでお散歩に。くつ
そう、チッとか言われながらも少しずつ慣れてきたんです。猫

一人でウロウロ。
何処へ行っても好きなのがスーパー。わーい(嬉しい顔)
その国の生活が見えるのでとても楽しいです。

スーパーで果物を買い、色々と物色するものの、瓶は持って帰るのが大変だよなぁ〜
とか別なスーパーにまた行けるかなぁとか。
取り敢えず考えて、、、と一度出て歩き始めると、
100円ショップならぬ、Euroショップがexclamation×2

キャ〜これは覗くでしょう。目ぴかぴか(新しい)

面白〜いexclamation
流石ドイツだなぁ〜と思うのは、100キンでも作りがしっかりしているんです。

euro shop.JPG

一休みの母が起きて、一緒にホールへ。ダッシュ(走り出すさま)

トーンハレというホールは外から見るとこんな感じ。

5トーンハレ.JPG


そして入口にはドイツの音楽家達がお出迎え。

シューマン
2トーンハレ.JPG

クララ・シューマン
3トーンハレ.JPG

メンデルスゾーン
4トーンハレ.JPG

ブルグミュラー
トーンハレ.JPG

皆顔が似ている。。。と思うのは私だけでしょうか?猫


開場。時計

6トーンハレ.JPG

沢山のドリンク、そしておつまみが販売され開演の前を楽しむお客さん達。バー

ここでも怪しげなアジア人は私達だけ。
お客さんは小さなお子さんから年配の方まで年齢層が幅広かったです。

さぁ、ホールへ。
天井が高く丸くなっています。

12トーンハレ.JPG

7トーンハレ.JPG

ステージは思ったよりも狭かった。

11トーンハレ.JPG

この額縁は思わせぶりですね〜。

10トーンハレ.JPG


コンサートは2時間ノンストップでした。時計
まずビックリしたのは、演奏中も写真がOKな事exclamation
しかもフラッシュ付き。
皆慣れているのだろうけど、正直聞いている方も鬱陶しい。

カシャとか音も出るしせめて演奏中は止めて欲しいなぁ。
MCの間とかで私も1枚だけ写真が欲しかったから、
何度か撮ろうかと思ったけれどやはり出来なかった。

逆の立場を考えるとこれは出来ない。

それでも物凄い集中力で2時間歌い続けたララファビアン。るんるん
外人の集中力って凄いってきくけど、本当に凄い。


8トーンハレ.JPG


この額縁はピアノ、ギター、ベース、ドラム&パーカッションの人達の影絵になっていて
3曲目の始まる時に布がサッと外される演出。ぴかぴか(新しい)

大好きな曲の途中で前に座っていたおじさんが煩くて、イラッときていたら
もう一つ前に座っていた男性がくるっと振り返り、
僕たちは音楽を聴いているのだから静かにしろ!!むかっ(怒り)
みたいな事を言って注意しました。

ちゃんと聞こえた訳ではないので、みたいな事、、、なんですが、
こういうの雰囲気で分かりますね。

一瞬シュンとなったおじさん、それでもお酒が入っているからか
隣の女性と話したり、動画を録ったりしている。
(海外のコンサートの動画が多いのはこの為ですね。
なんで動画がこんなに多いのかと思った。)

今度堪忍袋の緒が切れたら後ろから耳元で囁いてやるっと思っていました。むかっ(怒り)

でもどんどんララ様のコンサートの世界に引き込まれていって、
目の前のおじさんどうでもよくなってしまいました。
素晴らしい時間を本当にありがとう。ぴかぴか(新しい)

ベーシストのアルコが美しかった。
ベースというよりチェロを聞いているみたい。
こんな風に弾けるんだなぁ。るんるん

余韻を残す会場に後ろ髪を引かれつつホテルへ帰る。

タクシーに乗るのにも慣れてきて、
最後に「Auf Wiedersehen!(さようなら!)」とこちらから言うと
何故か皆にっこりわーい(嬉しい顔)笑顔になる。

ドイツは挨拶を重んじる国。
挨拶、しているようでちゃんと出来ていなかったような気もします。
ちゃんと言っても相手に聞こえていなかったり、、ね。
挨拶ってし始めると癖になって、日本に帰ってからもお店で(スーパーでも)
「こんにちは〜」って言ってしまいます。笑

する方も、される方も、気持ち良いものね。かわいい

明日はもう帰国。。。寂しい〜あせあせ(飛び散る汗)もうやだ〜(悲しい顔)


続く。


posted by yossy-blog at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年11月03日

ドイツ旅行6 ケルン

次に行ったのはケルン大聖堂。

2ケルン.JPG

とても高くて、、、写真に納まらない。たらーっ(汗)

3ケルン.JPG

こんなに高い所の先端にこんな大きな物があるなんて、、、たらーっ(汗)
落ちてきたら怖いなぁ。

4ケルン.JPG


ケルン大聖堂付近には毎日ハロウィンの人達がいます。
うっかり写真を撮るとお金を取られるとか、、、とガイドブックに掲載されていました。

本当にいました。
羽の生えた真っ白な、、、。ちょっと怖いので目が合わないようにしよう。
おいでおいでって手を振っているのがまた怖い。ふらふら

大聖堂の中はフラッシュなしなら写真OKでした。カメラ

5ケルン.JPG

ステンドグラスがお話になっているようですが、
あまりにも高くてそこまではよく分からない。。。バッド(下向き矢印)

6ケルン.JPG

7ケルン.JPG

この大聖堂の付近、一番治安が良くないそうでガイドさんにお財布の管理を
気を付けてね。と言われました。
本国の人でさえ、お財布を2つに分けてとっても気を付けているそうです。 

11ケルン.JPG

10ケルン.JPG

8ケルン.JPG

大聖堂を見た後は、本場のドイツ料理のお店。
観光客ベタベタなコースです。レストラン

ガイドさんお勧めの酸味の効いたスープ。

グラーシュ.JPG

多分これ作った事があると思うけど、もっとシチューみたいな感じで
こんな酸味ははなかったなぁ。。。
とても美味しかったので、また挑戦したいですね。

そしてザラート。サラダですが、、、量が多いあせあせ(飛び散る汗)

ザラート.JPG


初めて食べるアイスバインかわいい

アイスバイン.JPG


豚のスネ肉の塩漬けを蒸したお料理。
さっぱりしていていくらでも入るのですが、さすがに2人ではちとキツイ。
食べきれないでいたら、帰っていくドイツ人の男の子が
豚肉見て私見て、豚肉見て母を見て、首をかしげていたそうです。(母は見たexclamation目


お腹一杯猫


続く。


オードレトワレはケルン発祥で「4711」という名の付く香水が有名です。
柑橘系の爽やかな香り。ぴかぴか(新しい)

向こうではおばあちゃんの香り、、、たらーっ(汗)だそうです。

4711.JPG



posted by yossy-blog at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2014年11月01日

ドイツ旅行5 ケルン

昨日朝から凹んだので、今日はケルンへ半日ツアーに参加しました。

朝ホテルにミニバスがお迎えに来てくれて、、、
お客さん私と母の二人だけ。
貸し切りです。

この秋、本当ならば季節の良い時期でお客さんも多いはず、、、なのに
今年はあまりいないとか。。。
しかも今週はお天気が全く読めないバッド(下向き矢印)
と日本語の達者なドイツ人のガイドさんが言っておりました。

ガイド歴20年以上。とても温和なおじさんです。
お客さんを通じて日本語を覚えたそうです。

まずはケルンの近郊にあるアウグストゥスブルグ城から。

アウグストゥスブルグ城.JPG

母、いきなり「学校かしら?」と。。。
いえ、お城です。たらーっ(汗)

お城の上にある金色の物が気になって
「Was ist das?(あれは何?)」
とガイドのおじさんに聞いてみると
「Klein Krone」と答えてくれました。

「?」
「帽子の事ですよ。帽子といっても王様の帽子だけどね。」
「あ〜、冠の事!!、、、ケーニヒス クローネ!!」(日本のお菓子屋さんの名前)
という事は、、、konigs krone は王様の冠ね!ぴかぴか(新しい)

なんて、お城に入る前にワンポイントドイツ語講座付き。猫

3アウグストゥスブルグ城.JPG

2アウグストゥスブルグ城.JPG

4アウグストゥスブルグ城.JPG

お城の中は10人位のツアーで時間差で進む形式になっていて、
流石合理的な国exclamationと思いました。
音声ガイドもゆっくり聞けるし、他のお客さんに押し出されることもないので、
ゆっくり見て回れました。

お城の中は豪華絢爛ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

お姫様達はウエストなんと37cmを保つ事で、ドレスのラインを美しく見せていた様です。
でも気持ち悪くなったり頭痛があったりするので、
こめかみに直径2cm程のハーブを張ったとか。
女性が美しく見せたいという思いはどの時代も一緒なんですね〜。
でも肖像画のこめかみにハーブが。。。あせあせ(飛び散る汗)

こちらのお城はエリザベス女王も宿泊されたそうです。

美しいお城を後にして庭園を見てから車に戻る途中、
近所のおじいちゃんの犬のお散歩に遭遇。犬
こんな美しい庭園をお散歩できるなんて本当に羨ましい。ぴかぴか(新しい)
犬が可愛くてはしゃいでいると中国語で声をかけてくれました。

日本人なの〜っていうと「コンニチワ」って。
犬もおじいさんも何だか絵になりますねぇ。
映画の中のエキストラのおじいさんを見ているみたい。


車に戻り素敵だった〜ハートたち(複数ハート)
「schön!!!(美しい)」と報告すると、ガイドのおじさんにっこり。
日本語が分かるからこの際色々聞いてみる。
とっても綺麗は「sehr schön(とても綺麗)」でいいの?とか、
朝、パン屋で珈琲2つと、このパンとこのパンって注文したら珈琲3つ出てきた、とか。

そう、今朝パン屋で珈琲が3つ出てきたのには驚いた。喫茶店喫茶店喫茶店
おばさんがムッとしていたから、私間違えたかな?と思っていたのよね。

パン屋さんでの私の言い方、間違っていなかったらしい。

私の発音がいけなかったのかなぁ??
この国は2つって頼んだら3つ出てくるのか??とか
つまんない事で???になるのよ〜。
建物の階数の数え方が異なるしねぇ。

でも後から思い返してみると、そういえばパン屋のおばさん
私が「zwai(2つ)」って言ったのを
「two」って自分で言い直していたなぁと。。。
なんだ、単なる間違えじゃん。喫茶店

ケルンの大聖堂に行くまでの間、ガイドのおじさん色んな説明をしてくれる。
アウトバーンという高速は時速300キロまで出していいんだよ〜とか。車(セダン)
でも橋の上は制御されていたり、大きな都市の近くも制御されていたりするんだよって。

そしてユーロになる前の100マルクを見せてくれました。

マルク.JPG

これは、、、クララシューマン!!(シューマンの奥さん)

へ〜って言いながら写真を撮らせてもらったりしました。
うっかり返し忘れちゃうっていうのはなかったけどね。猫

続く。









posted by yossy-blog at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

ドイツ旅行4 デュッセルドルフ

ホテルに帰り食事の時間がずれていき、夕飯を食べそこなったなぁ〜と思い
近くを見ると、もうパン屋さんは閉まってる。
早っ。ダッシュ(走り出すさま)

仕方ないので、近くのビストロって書いてあるお店に入ると、
この時間飲むだけって言われ、がっくし。。。
そう、ドイツの居酒屋は本当に飲み物飲みなのです。ビール
乾き物のおつまみすらない。潔いのです。ぴかぴか(新しい)
まだ寒くなかったので、皆テラスで飲み物を手にずーっとおしゃべりに花を咲かせます。

ビストロって書いてあったので、ちょっと期待したのですが残念。
じゃまた、と言ってお店を出たのですが、
もう一度戻り、やっぱり良い?と。

お店のおじさん、
「bitte bitte (どうぞどうぞ)」
と言って行動の怪しいアジア人を迎え入れてくれました。かわいい

デュッセルドルフの地ビールはアルトビールという琥珀色のビール。
母がアルトビールで私はピルスナー。以上。

ビールを持ってきてくれたおじさんに
「Mein Mutter(母です)」と紹介したら
「Mutter!!!」とビックリ?していました。わーい(嬉しい顔)

お店、テラスに2人と店内私達だけ。
しかも私達はお酒に弱く、最初の一杯で終わり。。。ゴメンね。失恋

ビールを頂いたお店ビール
2デュッセルドルフ.JPG

ホテルの近くは似たような居酒屋さんが多かったです。

1デュッセルドルフ.JPG

デュッセルドルフ.JPG

続く。

帰ってきてしまって寂しいので始めたまいにちドイツ語。本
NHKのラジオ講座を聞くのは初めてですが、とても分かりやすいexclamation
次はどうなるの?と予習をしたくなる程です。猫
来週が待ち遠しい〜かわいい

ドイツ語まいにち.JPG


そして、、、
この講座の広告にあった本。

nhkドイツ語.JPG

展開が早いけど、何とかついていけています。あせあせ(飛び散る汗)







posted by yossy-blog at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月31日

ドイツ旅行3 デュッセルドルフ

昨日から一夜明け、、、
初ドイツ探検。
本当は今夜はクリスボッティのコンサートだったはずなのに、
突如キャンセルになったため一日フリー。
お天気、曇り。曇り

まずは中央駅に行ってみよう〜という事で、ホテルから歩くこと10分。
この辺のはず、、、がない。
八百屋のおっちゃんに聞いてみる。

ワタシ英語ワカリマセーンって言われた。たらーっ(汗)
じゃドイツ語聞いてみる、、、
聞くことは出来ても言ってる意味わかんない。
って意味ないじゃん。。。バッド(下向き矢印)失恋

それでも手を止めてスマホ出して中央駅までの行き方を一生懸命探してくれた。
ありがとうハートたち(複数ハート)感謝しています。

多分100m位先に駅があるからそこから地下鉄に乗るといいよって言ってくれたんだと思う。

隣で聞いていた母が
「ホンダの工場が近くにあるって行っていなかった?」
言っていません。たらーっ(汗)ソラミミアワーの世界です耳るんるん

100という数字はhundert(フンデァット)だからきっと
フンデァト、フンデァト、、ホンダット、、、で
ホンダの工場になったのでしょう。

なんと、前向きな母でした。グッド(上向き矢印)手(チョキ)

折角調べてくれたのに分からなくて、結局もとい、ふりだしに戻りました。
なんと、、、最初から歩く方向が間違っていたのです。
あ〜地図の読めない女。。。バッド(下向き矢印)
いえ、地図の書き方わかりにくいです。まず、小っちゃくて見えずらい。

ふりだしに戻る前にコンビニお水を買うと、
レジのお姉さんあまりにも早口なドイツ語の数字が聞き取れず
ボケっとしていたらまたもや
「チッ」
と言われました。

2回目だよ。バッド(下向き矢印)
何故、女性が「チッ」って言うのでしょうねぇ???
男性は言わなかったぞ。

中央駅は歩いて10分以内でした。
駅の反対側はホテルやお店、観光案内所もたくさんあります。
街を散策しながらハイネマン(シャンパンチョコレートが有名なお店)
へ行ってみようということになり、大きなデパートを目がけて歩きます。

雨も降ってきてしまって、昨日から緊張しっぱなし。
デパートは見つかったけど、入り口が分からない、言葉も分からない、
段々心細〜くなってきて、あ〜これがホームシックっていうのかしら?
と思ったり。犬

ハイネマンのバームクーヘンにチョコレートがかかっているお菓子。

ハイネマン.JPG

今までパンが多かったので、パンじゃないものが食べたいという母のリクエストで
サラダバーを探していると、二人の目に飛び込んできたのが「うどん屋さん」目

美味しそう〜ぴかぴか(新しい)
と思い、メニューを見ると
「牛丼のせうどん」やら「餃子うどん」やら謎なメニューだらけ、、、。
一瞬輝いた希望がぁ、、、失恋

がっくし。

しゃーない、サラダバーみたいなお店に入ろうと行ったところ、隣を見ると
お寿司屋さんexclamationexclamation

ロンドンでは美味しかったけど、どうかな??
と思いつつも入ると、、、

日本人の女性が「何にしますか?」と。
はぁ〜〜〜〜、、、、安心。
緊張していた心がハラハラと解けていきます。
お寿司1カンが1スティックと書かれてありました。

頼んだお寿司をプレートに乗せてもらって最後にお会計、という仕組み。
ひじきの煮物、お味噌汁、お茶(これも有料)も頼み、二人の合計30ユーロ位。
安くはないけど、お味噌汁が五臓六腑に沁みわたりました。

回り見ると皆お箸を上手に使って食べています。
それもすごい量。醤油小皿に並々たっぷり。たらーっ(汗)

お味噌汁でホッとしたら、
「今度は甘いものが入りそう〜」と母。

同じショッピングセンターの中で珈琲を飲むことに。
一緒に頼んだデザート。これ一人分。やはり多いよね。。。

ドイツ.JPG

バニラアイスに生クリーム、ソースはキルシュソース。
このソースが温かくて冷たいアイスクリームと絶妙。
生クリームは脂肪分が少ないものを、お砂糖を入れずにフワッと仕上げているので
全くくどくありませんでした。


続く。

ホテルの前が地下鉄の駅電車 
地下鉄.JPG







posted by yossy-blog at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月28日

ドイツ旅行2 デュッセルドルフ

ホテルのお兄さん、

今タクシー呼んであげるから、そこのドリンクでも飲んで待ってて!バー
今度はこの住所を見せた方がいいよ!

ってとても優しかったけど、、キンチョーのあまり
ドリンクイラナイ、早くホッとシタイ、、、。ふらふら
という状況でした。

すぐにタクシーが来てくれて、今度は予約確認書を見せて
ここへお願いします〜!!と。
またもやBMWで運転手はおじいさん。
ドイツのタクシードライバーっておじいさんしかいないのかしらん?
なんて思ったり。でもおじいさんだとちょっと安心。かわいい
忘れちゃいけない、タクシーに乗る時のチェック、チェック。


ようやくホテルにつき、予約確認書を見せてチェックイン、成功。かわいい

ハ〜ッ。長かった。

お部屋は112番ね〜って言われ、カードキーだけ渡された。
ヨーロッパは1階がグランドフロアーになるので、2階が1階。
慣れるとなんてことないけど、説明だけ聞いているとよく分からない。

1階という名前の2階に行き(笑)右みたら真っ暗。
左見たら煌々と明かりがついている。
迷わずそちらへ行くと、あれ?

ナンバーがない。どうみてもない。
???

1階をスーツケース引きながらウロウロウロウロ。ダッシュ(走り出すさま)

暗い方も行ってみたけど、どう見ても関係者のみに見える。
ウロウロした挙句、またフロントへ。
すごろくで言うふりだしに戻るである。くつ

フロントの女性、どうしたの??って顔で迎えてくれました。犬
迷ったの、、、バッド(下向き矢印)
って言ったら、一緒について来てくれて、1階へ上がり、右ね!

右、、、でしたっけ?
私、説明聞いていなかったかなぁ、、、?

真っ暗い方へ歩いて行き、ガラスの扉を二つ開けて更に奥。
真っ暗の中、電気をつけてくれました。ひらめき

ホテルって、、、、暗いの?笑

ここね!とお部屋の前まで案内してくれました。
で、私たちの部屋が分かるとまた電気を消す、、、エコだね〜。
一応星が4つ付いているホテルだったんですけどねぇ。
ま、郷に入れば郷に従うモットーなのでいいけど。

「ありがとう〜」って言って、やっとお部屋に入ることが出来ました。

部屋までが、、、遠かった。。。笑

連泊するからか、お部屋がとっても広いexclamation
キッチンがついていて、これならエキストラベットが2台位入るんじゃない?

凹んでいた気分を和らげてくれました。かわいい

バスダブ付きのお部屋だし、ゆっくりお風呂に入りますか。いい気分(温泉)

そういえばドラッグストアに置いてある
「クナイプ」という名のバスソルトはドイツ製なんですよね〜。

続く。



帰りに買ってきたクナイプ。

クナイプ.JPG














posted by yossy-blog at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月27日

ドイツ旅行 デュッセルドルフ

ヒースロー空港で飛行機の案内があるまで
何となく落ち着かなくてウロウロする私。

料金かからない今のうちにトイレに行っておこう〜っと。トイレ

ヨーロッパはトイレに入るのにコインが必要。あせあせ(飛び散る汗)
トイレ用のお金を持っていないと、本当にドキドキする。犬

世界のトイレ事情って本当に異なりますね。
インドネシアに行った時はトイレットペーパーがなく、洗い桶が置いてありました。
学生の時で、先生からよ〜く聞かされてから行ったからビックリはしなかったけれど。。。

待ち時間が長かったので、ちょっとお買い物、、、
をしたのはよいが、支払いの仕方が分からない。。。たらーっ(汗)

今、イオンなどでもセルフサービスのレジがありますよね?
空港のレジがセルフサービスでした。

あ〜、、、日本で試しておくんだったな。
近くにいた空港のお姉さんに来てもらってバーコードをピってスキャンしていくものの、
商品を隣に置いたら
「チッ」
と舌うちされました。ふらふら
何がいけないのか全く分からないけど、何かがいけないのよね?

でもさ〜舌うちしなくたっていいじゃん、
こちとらすっごく緊張しているんだから。がく〜(落胆した顔)

ツアーコンダクターがいなかったら買い物すら出来ないぞ、ヤバいふらふら

何とか買い物を終え、飛行機のゲート案内を見るとようやくナンバーが出ていました。
いそいそとゲートに向かい無事に飛行機に乗れました。飛行機
久しぶり&ツアーではないのってこんな事一つにドキドキです。
2時間位なのでまさか食事は出ないだろうと思っていたら、
サンドイッチが出てきました。かわいい

食べてばかりでお腹が空いていないような気もするけれど、いただきま〜す。
ルフトハンザ航空のサンドイッチ、バジルソースが美味しかった。
今まで食べていたサンドイッチとは味が全然違うの。
面白いですね〜。

あっという間にデュッセルドルフ空港到着。
さてさてドキドキの関門が待っています。

入国審査。あせあせ(飛び散る汗)

ドイツ語、早くてわからな〜いあせあせ(飛び散る汗)

エッ???って顔を何度していたのだろう。
聞き返す言葉さえ、出てこない。覚えたのに〜ぃ。ふらふら

Wie bitte?(え、なんですって?)

でも、もう一度聞いたら何となくわかった。
空港で聞かれることって、決まっていますものね。

第一関門突破してホッとすると、あれ?
スーツケースどこだっけ?

緊張で取ってくるの忘れた??

他の乗客の皆さん、殆ど機内持ち込みサイズで審査を終えたら
シャーって歩いて行ってしまう旅慣れた人達。くつくつくつ

行きのヒースロー空港とは大分勝手が違うよぉ。バッド(下向き矢印)
不安になって空港のお兄ちゃんに聞いたら、、、

真っ直ぐ行って下。

おおせの通り行ってみると、途中に日本語が。。。
な〜んだ、日本語で書いてくれてるじゃーん。
ってここまで来れば、なんですよ。ここまで来れば。

スーツケース、私と母と誰かのだけ置き去りにされていました。笑
なんだ、私たちの他にも取りに来ていない人いるのね。

無事、スーツケースをピックアップしたら、
まずはコインを作るためにお水を買う。

タクシースタンドに行き、ホテルまでお願いしますと初ドイツ語言えた!!わーい(嬉しい顔)

タクシーはBMW車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

乗り心地良い〜かわいいかわいいかわいい
運転手はおじいさん。
タクシーに乗る時は料金メーターが動いているかしっかり見ること!
出来れば車のナンバーを控えた方が良いと聞いていたので、
ナンバーは控えなかったけど、料金が作動するまではドキドキ。
窓から見える月がとても綺麗。満月

ようやくホテルに着き、ホッと一息。
チップ込みの料金も支払えたし、最後に「Tschüs チュース(バイバイ)」って言ってもらって
こちらも「チュース」って言ってみた。わーい(嬉しい顔)

第2関門クリア!

ホテルに入りチェックイン。
元気なお兄さんに、予約書を見せると、、、

「これ、うちのホテルじゃないよ。」だって。

exclamation&question

同じ名前のホテル(同じ系列)があり、私が予約したのはそちらだと。

第2関門突破してないし〜。。。バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)

続く。








posted by yossy-blog at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月25日

イギリス旅行記9 ロンドン〜ヒースロー空港

今日はもうイギリスを旅立つ日。飛行機
楽しい時間は過ぎるのが早い。時計

でもこの4日間、とても長く感じました。

リトルジェントルマンが時々駄々をこねてジェントルマンになれない時に、

「トゥギャザーしようぜ〜手(チョキ)

と言った所ゲラゲラ笑いだしたので、ふて腐れた時に使っていたら
そのまんま覚えてしまいました。たらーっ(汗)

変な事を教えてしまった叔母。あせあせ(飛び散る汗)

あっ君、これは日本だけの言葉だからね〜
っと言い聞かせてきましたが、、、犬

弟夫婦に怒られるんじゃないかとヒヤヒヤ。

ヒースロー空港が17時の飛行機だったので、ウィンザー城を見て空港に向かいます。

今日は良いお天気。晴れ

こちらも観光スポットですね。
沢山の人でいっぱいexclamation


2ウィンザー城.JPG

8ウィンザー城.JPG


なんか人だかりが、、、?
一緒に待っていたらexclamation×2

3ウィンザー城.JPG


カッコいいexclamation×2

6ウィンザー城.JPG

5ウィンザー城.JPG

なんとまぁ、、、お伽の国に来たのかしら??
皆さん兵隊の衣装がとてもお似合い。かわいい

これから中を見学します。

10ウィンザー城.JPG

実はこちらに入る前は飛行場と同じように厳し〜い持ち物検査がありました。

音声解説を借りると早速リトルジェントルマンがやって来て

「はい、3番押して!」

と言って皆のiphonの番号を押してくれるサービス付き。わーい(嬉しい顔)

番号が変わる毎にやってきて、次は何番ですよ!と。
ツアーガイドに向いているんじゃない???

でもあまりにもこのツアー長かったのと、人が多かったので途中で静かになりました。
ベルトコンベアの様に流れに乗って行かないと人混みに紛れてしまう〜失恋

ゆっくり見たいけど、仕方ないですね。
でもこのチケットは帰りに登録すると1年間フリーパスになるそうです。ひらめき

近くでランチも済ませ、空港に向かう道のり。
本当は15分で着いてしまう距離なのに、工事渋滞の為に1時間もかかる事に。。。バッド(下向き矢印)

リトルジェントルマン、段々バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)失恋

ばばちゃんのアイデアで3人でしりとりを始める私達。

りんご→ゴリラ→等定番から始まり、最後が「ろ」で終わると、
リトルジェントルマン「ロマンティック〜」と叫ぶ。

ばばちゃんも私もビックリexclamation×2目

なんと美しいしりとりぴかぴか(新しい)

「る」で終わった時に私は「ルー大柴」と言ってしまいました。
ボキャブラリーの少ない叔母。たらーっ(汗)

ようやく空港にたどり着き、チェックインカウンターへ行くのにエレベーターに乗ると
大きな体の黒人の男性がスナック菓子を食べながら乗ってきました。

食べている途中でポロっとお菓子の破片を落とすと

「あ、こぼした、、、。犬

とポツリ、リトルジェントルマンが呟く。

咄嗟にママが「いいの〜。もう〜。」と。ふらふら

ばばちゃんと私は、リトルジェントルマンの言い方が可笑しくて
笑わないようにガマンガマン。。。

日本語だから通じないからいいけどさ〜。。。
ドキドキするじゃん。

リトルジェントルマン、空港でもリトルポーターのお仕事をしてくれました。かわいい

お別れの時間は寂しいけれど、またすぐ年末に会えるからね〜exclamation
と何度も言って別れました。

と同時に、、、
ここまでは2人のツアーコンダクターがいてくれた様なもので
何も不自由しなかったのですが、、、
これからが親子2人旅、珍道中の本番です。たらーっ(汗)

続く。














posted by yossy-blog at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月24日

イギリス旅行記8 コッツウォルズ

引き続き、、、旅行記。メモ

写真で見ていた世界が目の前に広がります。ぴかぴか(新しい)

3コッツウォルズ.JPG


2コッツウォルズ.JPG


4コッツウォルズ.JPG


あまりの可愛らしさに只々え〜っとか、へっ〜っとか、可愛い〜ハートたち(複数ハート)という言葉しか
出てこないボキャブラリーの少ない私。

5コッツウォルズ.JPG

6コッツウォルズ.JPG

こちらでアフターヌーンティーを頂けるのです。ハートたち(複数ハート)喫茶店


まずはウェイティングルームでメニューを見てから、
お部屋に通して貰えます。

コッツウォルズ.JPG


お部屋はもう先客がいらっしゃりお茶を楽しんでいられたので、
カメラはなしで紅茶と温かいスコーンを頂きました。レストラン

甥っ子は子供用のアフターヌーンティーセットをぺろりと食べてご満悦。
お腹空いていたのね。

それにしてもこの大人の優雅な時間はなんと素敵な事でしょう。かわいい

お茶を頂いた後はちょっとお散歩へ。

14コッツウォルズ.JPG

7コッツウォルズ.JPG

8コッツウォルズ.JPG

10コッツウォルズ.JPG


11コッツウォルズ.JPG


初めてカメラ欲し〜いカメラって思いました。ふらふら


12コッツウォルズ.JPG


13コッツウォルズ.JPG

携帯のカメラ、縦向きで取るとアップしたときに横になってしまうんですよね。たらーっ(汗)
みんな首を左に傾けないとならなくなっちゃうの。

何故???
機械に弱い私。バッド(下向き矢印)

コッツウォルズ8.JPG

コツウォルズ15.JPG


コッツウォルズ、夢の中にいるような世界でした。
ありがとうぴかぴか(新しい)

さて、お家に帰ってきて夕食は弟のリクエストのお好み焼きです。
ソースもん黒ハート
自分では作らないから嬉しいかわいい

こちらの卵は正方形なんですね。

スウィンドン.JPG

キャベツの形が面白い。

2スウィンドン.JPG


夕食の後は甥っ子の大好きなゲーム。

トランプやモノポリーゲームにはまっているとか。
ギャンブラーな6歳児。

勝った人の回数をボードに書いていく甥っ子。

字が書ける様になっていてパパが勝ったときに、

「パパはカタカナでいいやっ。」

って言いながら書いたら、、、

4スウィンドン.JPG

「ぺぺ」exclamation&question犬

パパとママはスルーでしたが、ばばちゃんのツボに入り大笑いでした。わーい(嬉しい顔)

そういえば、ばばちゃんの「ば」も1本棒が足らないねぇ。わーい(嬉しい顔)


ゲームの後はパパと投資の話をしていて(笑)
子供なんだか大人なんだか。。。ねぇ。

明日はもうイギリスを旅立つ日。飛行機
長かったような短かったような、とても凝縮した時間でした。時計

続く。








posted by yossy-blog at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月19日

イギリス旅行記7 バース

今日は雨。雨

イギリスの雨は長く続かないから皆傘を持たないって本で読んだけど、、、

本当でした。目

犬の散歩をしている人、学校へ行く子供、結構な降り方をしているのに、
皆傘なしで歩いている。不思議。。。

まぁ、風が強くて私の折りたたみ傘は何度もキノコになったので、
差している意味がない時もあるんだけど。

14時には雨があがるという予報なので午後からコッツウォルズへ行く予定。

まず弟が出勤し、甥っ子と一緒に学校へ。ダッシュ(走り出すさま)

お見送りで帰ろうとしたら、教室の中に入っていいよと。手(チョキ)

いいの???

先生が週末の様子を絵に描きなさい〜って言っていたので、
に皆何か書き始める。

甥っ子、私に書けと命令。犬
昨夜、甥っ子の家にあるボードに「ふなっし〜」を書いたら喜んでくれたから
またふなっし〜を書いてみた。
隣の女の子にじーっと手元を見られている。目
きっと「なんやこれ?」と思っているのでしょうねぇ。
甥っ子だって何これ?だったもの。

本当は一緒に英語の勉強したかったけど、あまり長居をしても悪いので
書き終えてから教室を後にした。

外はまだ雨。
午後までバースに行ってみようという事になり、3人で移動。

バース.JPG

バース、お風呂の起源の街。いい気分(温泉)

こちらも趣のある素敵な街並みでした。

パン屋さん。
2バース.JPG

3バース.JPG


ランチのお店で紅茶を頂くとたっぷり入ったミルクがこの様にポットの上に
乗せて出てきます。

5バース.JPG

4バース.JPG

10バース.JPG

可愛いハートたち(複数ハート)
6バース.JPG

7バース.JPG

9バース.JPG

アンティークのお店で小ぶりのワイングラスと小ぶりの花瓶を探したかったけど、
思うようなものはありませんでした。残念バッド(下向き矢印)


11バース.JPG

キッチン専門店に可愛いお菓子の焼型があり、欲しかったのですが
重い上に、ウチのオーブンレンジに入らない大きさで断念。。。

日本では売っていない焼型がいっぱいあったなぁ。失恋
ただしビックサイズ。
こんなに作ったら食べるの大変exclamation

雨も上がり、甥っ子をピックアップしてコッツウォルズへ。車(RV)

ここから絵本の中にいるような世界が広がります。本

続く。












posted by yossy-blog at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月18日

イギリス旅行記6 ロンドン

翌日のチェックアウト後、

リトルジェントルマン、リトルポーターになる。かわいい

1リトルポーター.JPG

リトルポーターさん、折りたたんだらスーツケースに入っちゃいそうですが。。。犬

実はこのポーターさん、凄い世話好き。

お礼にチップをあげたら喜んでくれた。

安くてごめんね!

朝は観光客お決まりのコース、バッキンガム宮殿。

1バッキンガム.JPG

この日はお天気だったので空が綺麗。晴れ

2バッキンガム.JPG

3バッキンガム.JPG

4バッキンガム.JPG


隣の公園に立ち寄るとなんと素敵な風景。

5バッキンガム.JPG

良いですね〜。かわいい

こんな所で本を読んでいたいなぁ。本
でも佇んでいるにはちょっと寒かったんだけど、、、。

6バッキンガム.JPG


リスがいるひらめき

7バッキンガム.JPG


世話焼きリトルポーター、餌をあげるのも大好き。

でもあまり近くまで行くのは怖い。ふらふら
飼育係だね〜。犬

公園を抜けた後、コヴェントガーデンへ。

これまた私のリクエストの朝市。

1コヴェントガーデン.JPG


2コヴェントガーデン.JPG

ここで弦楽四重奏が演奏していました。るんるん

3コヴェントガーデン.JPG

チップを貰いにくるお兄さんがいたけれど、実は手持ちのお金があまりない。あせあせ(飛び散る汗)

トイレ用のコインが幾つか、、、。トイレ

イギリスはカード社会だからって両替をあまりしていかなったのです。

4コヴェントガーデン.JPG

5コヴェントガーデン.JPG


お花屋さんかわいいかわいいかわいい

6コヴェントガーデン.JPG


置いてあるだけなのに、絵になるなぁ。

7コヴェントガーデン.JPG

ここは私の好きな文房具用品。(右のお店)

8コヴェントガーデン.JPG


イギリスはカードを送りあう国だそうです。メモ
カードの種類が豊富なうえに高い。

ここはカードの他、インクやペン、ペン先、

封をする時のハンコ(よく古い映画でみるあれです。名前なんだっけ?)等々。

心をくすぐられっぱなしなのですが、なんせ1ポンド180円。

高っ。失恋

見てるだけ〜っで終わってしまいました。

お昼はイギリスに行くなら是非検証してきて!と言われていた

フィッシュ&チップス。

頂きましたexclamationどーんexclamation×2

&チップスフィッシュ.JPG

これ、1人分。

嘘でしょ???たらーっ(汗)

お昼ご飯の後はロンドンをお散歩。

弟がナショナルギャラリーにゴッホのひまわりがあるから、

それだけ見ようと立ち寄ると、、、

大道芸人がいっぱい。

1大道芸.JPG

何これ〜っ。どうなっているの?隣を見ると似たような人がいっぱいいました。

2大道芸.JPG

館内の入口にカメラのマークにバツ1印があったけど、皆パシャパシャ撮影してる。カメラ

えーっ?オッケーなの??

流石に遠慮してしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

2ナショナルギャラリー.JPG

何故かここから写真の設定がセピアモードになってるし。

2ロンドン散歩.JPG

散歩ロンドン.JPG

2階建てバスもロンドンの街並みに合いますね!

バス.JPG

ビックベン。
ビックベン.JPG

ウエストミンスター寺院。

ミンスターウェスト.JPG

5ウェストミンスター.JPG

2ウェストミンスター.JPG

街中に古いものがあるのって良いなぁ。

この日は弟達が住んでいるスウィンドンへ移動。

日曜日はスーパーが16時で閉まっちゃうとか。

急いでもぎりぎり間に合わない、、、という事で、
高速のパーキングでお買い物をして帰って夕食。

お嫁さんがお味噌汁を作ってくれました。
五臓六腑に染み渡る〜〜〜いい気分(温泉)

梅干しのおにぎりだとか、切り干し大根の煮物だとかが非常に美味しく感じられ、
やはり日本人なんだなぁと改めて実感しました。

明日月曜日、甥っ子は学校、弟は会社へ出勤です。

学校に行ってみたい、ばばちゃんとおばちゃん。わーい(嬉しい顔)

一緒に行ってもい〜い???と交渉中。

続く。














posted by yossy-blog at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月17日

イギリス旅行記5 ロンドン

Harrodsぴかぴか(新しい)

世界で一番有名なデパートだとか。

ばばちゃんが甥っ子あっ君にプレゼントを買ってくれるというので、

見学しながらキッズコーナーへ。

大きな大きなレゴがあり、ビックリしました。

これはタワーブリッジのレゴ。

Harrods1.JPG

私が作りたくなっちゃくじゃん。犬

レゴって色んな種類が増えたんですね〜。
Harrods2.JPG

置き時計可愛い〜と思ったら、、、  

Harrods3.JPG

日本円に換算して48,000円位するし。バッド(下向き矢印)

誰が買うんじゃいという値の付いている家具とかありましたが、

みーんなアラブの人たちがごっそり買っていかれるそうです。

やはり石油王は桁が違うexclamation

ドバイでヨックモックがバカ売れしているそうですが、

その棚全部、、、とか言って、

飾ってあるディスプレイまでぜ〜んぶ纏めて買っていくそうな。

なんちゅう買い方。

ハロッズを一通り堪能し、夜ご飯を食べに移動です。

ハイドパークが見えるホテルの中華。

景色が綺麗でした。

2中華.JPG

1中華.JPG

お腹ペコペコではなかったので少しづつ頂く事にしました。

とても上品な味の中華料理で思ったよりも入っちゃう〜るんるん

最初に頂いた小籠包の出汁は本当に上品。

小籠包.JPG

でも猫舌は気を付けないと、後が怖いんですよね。猫

甥っ子も猫舌、でも食べたい。

しかも美味しかったとみえて、

「あっ君これ100個食べられるグッド(上向き矢印)

とか言ってるし。。。たらーっ(汗)

その後リトルジェントルマン、小籠包をお替りしました。

他の物も食べながら一人で3個半。恐るべし、6歳児。

続く。






posted by yossy-blog at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月16日

イギリス旅行記4 ロンドン

楽器屋さんを後にして、Wallace Collection へ。ダッシュ(走り出すさま)

ウォレスさんという方の邸宅にコレクションが沢山あるらしく、

邸宅を開放して見ることが出来る場所です。

見学無料。

アフターヌーンティーも出来ます。喫茶店

想像よりもずっと広くて、コレクションの幅も凄くてビックリしました。

これ、本当に人の家???

だって家のなかにこんな物が。。。

Wallace1.JPG

しかも部屋いっぱい。

Wallace2.JPG

剣だの銃だの鎧だの、、、。

やはり火縄銃とは違いますなぁ。

何とも細部にまでこだわった美しい銃。

アフターヌーンティーの時間を予約していてくれたので、

邸宅はさら〜っと見ましたが、これゆっくり見ていたらそうとう時間かかりますね。時計

私の見たかった絵画のコーナー。かわいい

Wallace3.JPG

そうそう、フラッシュをたかなければ写真オッケーなんですね。カメラ

常識なんて国が変われば通じないと聞いていたものの、ビックリでした。目

皆パシャパシャ撮っている。

という訳で私も何枚か撮らせて頂きました。

この絵の女性が見たかったのよね〜。ハートたち(複数ハート)

ネット経由で見ていたものが目の前にある感激。ぴかぴか(新しい)

Wallace4.JPG

一日かけてゆっくり見ていたいなぁ〜。

Wallace5.JPG

こちらがアフターヌーンティーの出来る中庭の様な場所です。

天井は雨が降っても大丈夫なようにガラスになっています。

Wallace6.JPG

可愛らしいピンク色の壁。

Wallace8.JPG 


Wallace9.JPG


Wallace10.JPG

私たちの間で問題になったこれらの木。

母が作り物みたい、、、。とポツリと言ったのです。

私はまさか〜ガーデニングの国なのに〜???

と反論をしたのですが、よくよく見てみると作り物。

しかも違う葉っぱがくっついていたりして、、、。たらーっ(汗)

私、あっさり騙されました。

ちょっと枯れた感じといい、上手く作っているのだもの。

Wallace11.JPG

テーブルのお花は本物。かわいい大きな菊でした。

菊をこのような使い方をする事に、母はビックリしていました。

母はお花博士の様に、花を見ると名前を言っていました。かわいい

Wallaece7.JPG


まずはお茶が運ばれてきました。

Wallace12.JPG


南部鉄のようなヤカン。のような、、、でなくてそうなのかな。

このヤカンで紅茶を入れるのがイギリスで流行っているとか。

Wallace13.JPG


アールグレイティー美味しい。ハートたち(複数ハート)

流石紅茶の国です。ぴかぴか(新しい)

一人1個は流石に食べられないので、二人分を乗せて貰いました。

Wallace14.JPG


これこれ、スコーンとこちらでしか食べることの出来ないクロテッドクリーム。

Wallace15.JPG

バターでもなく生クリームとも違うこのクリーム、

温かいスコーンにとっても美味しいの。

クロテッドクリームはお菓子を作るようになって知ったんです。

お腹が満たされた後はハロッズへ。ダッシュ(走り出すさま)

続く。












posted by yossy-blog at 11:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月15日

イギリス旅行記3 ロンドン

ロンドンにある楽器屋さん、

サックス専門店です。

5ロンドン楽器店.JPG

お店の中サックスのディスプレイでいっぱい。かわいい


4ロンドン楽器店.JPG

3ロンドン楽器店.JPG

日本に入ってこないリガチャー(留め金)の事を聞くと、取り寄せできる〜って。

この辺の交渉は弟夫婦が聞いてくれたんですけどね。。。

私、お店を見るだけでも感激かわいい

日本に帰ってこの留め金にピンクゴールドの塗装をかけるの

というような会話が続くとオッチャン食いついてくる。

石森?

ううん、伊藤楽器。

オッチャン自身もサックスを吹くらしい。

私はお店の入口にあった白いサックスが気になっていたので見せてもらうことにるんるん

プラスチックで出来ているみたい。軽いexclamation

お店のオッチャンとてもご機嫌な人で、吹いてみれば?って。わーい(嬉しい顔)

いいの?

すぐにリードはこれでいい?だって。

早い。

という訳で、ちょっとお借りしました。

2ロンドン楽器店.JPG

軽くて楽器を首にかけている気がしません。

残念なのは、調整が甘くてキーがちゃんと塞がらないからきちんと音が出ない事。

これじゃあ思うように吹けない。

それでも貴重な体験をさせて頂きました。るんるん

リガチャーを予約して、リードを買って帰りました。

後で計算してみると1ポンドが187.56円だったので、

えらい高級なリードでした。あせあせ(飛び散る汗)

日本で買った方が安いなんて。。。たらーっ(汗)

この後も1ポンド180円という感覚が消えなくて、お買い物をするのが怖くなってしまうという、、、。犬

殆ど倍でしょう〜?

ポンド強し。ふらふら


続く。

posted by yossy-blog at 11:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月14日

イギリス旅行記2 ロンドン

リトルジェントルマン、

次の日も朝はようからプープーしたバットと共に部屋にやってきました。

ホテルでバイキングの朝食を食べて今日はロンドン観光です。ぴかぴか(新しい)

ホテルの朝食、カシスのジャムが美味しかった〜。かわいい

日本語でいう赤スグリですよね?

結構酸味のあるものが好きなんですね。

私は酸っぱいのだ〜い好きなので大喜びです。猫

さてさて、お腹も満たされたので電車に乗って行きます。

地下鉄だけど、乗車する駅は地上でした。電車

2駅.JPG

分かりやすそうな路線図。

3駅.JPG

これ、お任せだから分かりやすそう〜って言えるんです。

この後ドイツで母と2人になった時に、地下鉄が全く分かりませんでした。たらーっ(汗)

とても立派な、、ここは何処?と聞くと

刑務所だそうです。

刑務所.JPG

お天気がイギリスっぽいですね。

2刑務所.JPG

タワーブリッジが見えます。

タワーブリッジ.JPG

甥っ子、大〜きくなっています。

私が縮んだのか???

2タワーブリッジ.JPG

タワーブリッジを後にして、セントポール大聖堂へ。

ここで初めてイギリスのタクシーに乗りました。

話には聞いていたけれど車高が高く、

ハットを被った紳士がそのまま乗車出来るようになっているんですね。

それにしても、皆飛ばしますね。たらーっ(汗)

慣れるまでちょっと怖い。車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

セントポール大聖堂は聖堂の威厳を感じさせてくれる建物でした。

何も言わなくても、存在するだけで凄い。

圧巻です。

2セントポール.JPG


セントポール.JPG

今はiphoneのガイドがあるんですね。

とても分かりやすい説明がついて、ゆっくり見学出来ました。

折角なので、上まで登ってみようという事になり、、、

大聖堂フロアから30m、階段で257段上を登り「ささやきの回廊」へ。

そしてさらに大聖堂フロアから53m上まで行き、

もう一つ上の「黄金回廊」という場所まで登りました。

大聖堂フロアから85m、階段で528段上。

母、頑張りましたexclamation×2

外から見る景色はこんな感じ。

3セントポール.JPG

4セントポール.JPG

5セントポール.JPG


階段はどんどん狭くなっていて、高さも低くなっていて、

背の高いイギリス人は困っただろうに、、、と思いました。

だって私のサイズで丁度良いから。

ホビット族のサイズですよ。犬

ランチのお店に移動する時にパラパラと雨が降ってきました。

何ともイギリスらしいなぁと思っていると、そんな中新郎新婦が歩いていました。

素敵ハートたち(複数ハート)

お昼は量り売りのお店へ。

量り売り.JPG

お皿に食べたいものを乗せて、重さで値段が決まります。

窓の外は可愛らしいお店がいっぱい。黒ハート

2ロンドン.JPG

沢山お花が飾ってあるところが、ガーデニングの国だなぁ。。。

と思わせてくれます。

さぁ、次はロンドンにある楽器屋さんに行きます!!

続く。






posted by yossy-blog at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2014年10月13日

イギリス旅行記 ロンドン

母と弟夫婦の住むロンドンへ行ってきました。飛行機

母は初めての海外旅行。

初めてにしてツアーではない個人旅行、そして12時ものフライト。

大丈夫かなぁ?と思いつつ、こちらもドキドキ。

初めは元気もあったので、機内食から写真をパチリ。カメラ

私のはお魚のクリームソース。
2機内食.JPG

母は鶏肉。カレー味のようでした。
3機内食.JPG

デザート。
5機内食.JPG

途中サンドイッチが入り、更に軽食まで。
機内食.JPG

日本からの旅行客が多く、機内は日本語が飛び交うので何だか安心。かわいい

食べて寝ているうちに、、、

何だかんだと時間は過ぎ、行きの12時間はとても早く感じました。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

ヒースロー空港のターミナルで待ち合わせ。

第一関門の入国審査はお客さんが多いため、2人一度だったので母はホッとしていました。

聞いていたカフェは分かりやすく、私もホッ。喫茶店

迎えに来てくれた甥っ子は背が高〜くなっていて、すぐにも追い越されそう。あせあせ(飛び散る汗)

イギリスの街並みに、日本とは違うなぁ〜と思いながら外の風景を見ていました。

ロンドン.JPG

明日はロンドン観光の為、ホテルにチェックインしてから夜ご飯。

私達、食べっぱなしです。わーい(嬉しい顔)

甥っ子がロンドンに来るとお寿司が食べられると思っているらしく、

中トロ〜とか言っていました。

2ロンドンお寿司.JPG



慣れた様子でメニューを見る甥っ子。目

お寿司.JPG

こんなに食べてばかりで入らない、、、と思っても、

これが入っちゃうんですね〜。犬

お茶にお寿司は美味しかった。ハートたち(複数ハート)ぴかぴか(新しい)

しかも、なかなかレベルが高い。グッド(上向き矢印)

ペローリと頂き、近くのスーパーでお買い物。

スーパーロンドン.JPG

高い建物がないから空が綺麗。

月もとても綺麗。やや欠け月

スーパー月と.JPG

明日ここから地下鉄に乗るよ〜と言われました。

駅.JPG

ホテルに帰り、甥っ子のお土産を膨らますと、、、

ぷー.JPG

お寿司を食べた甥っ子はエネルギーチャージをしたのでとても元気に。グッド(上向き矢印)

?リトルジェントルマン.JPG


リトルジェントルマンはいずこへ、、、???

続く。






posted by yossy-blog at 10:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行